湯どうふ

湯どうふ

日本語の勉強をしています。

米国株集中投資を改めた話

3年間にわたる米国株集中投資を改めた.私が投資を始めた時期は,米国株が単調増加する時代だった.国内の投資ブロガーでは,米国株集中投資を主張する人が多かったです.しかし,今年に入って,YouTubeで高橋ダンさんの動画を見るようになり,分散投資の必要性に気づきました.

必ずしも,アメリカ経済は常に単調的に成長するわけではない.2000年代初頭にITバブルが崩壊した後は約7年間にわたり,米国株低迷の時代が続いた.このときには,米国株よりも新興国株のパフォーマンスの方がよかった.

日本で流行りのSP500は確かに個別株と比べるとよく分散されている.しかし,この分散はあくまでアメリカの株式市場の中における分散にすぎない.SP500に連動するインデックス型ETFは確かに,現代ポートフォリオ理論における市場ポートフォリオを実現している.しかし,この場合における市場とは,あくまで米国株の市場にすぎないのである.

当然,米国株以外にも市場はたくさん存在する.債権もあればコモディティもある.ドル建てだけではなく,円建て,ユーロ建て,香港ドル建ての金融商品がある.

株式,債券,コモディティの分散,通貨の分散を考慮すると,私のこれまでの戦略は全然分散が足りないことに気づいた.

分散するとパフォーマンスが低下するという主張がある.SP500に集中投資していれば,一時的に資産が低下する局面があるかもしれないけど,その時期を乗り越えて運用を継続すれば,分散投資と比べて高い運用利益を得られるという主張である.

この主張はある意味で正しい.しかし,投資資金を必要とする時期は必ずしも老後だけではない.老後を迎える前に,予期せず大金を必要とするライフイベントが発生するかもしれない.もし,その時が米国株の減少局面であれば,含み損を抱えた状態で投資資金を切り崩さなければならない.こうなると,老後のパフォーマンスは大きく低下する.

私はこの点を重視した.老後に得られる高いパフォーマンスよりも,老後までのどの時期においても,一定のパフォーマンスを維持することを優先させたのである.

これまでは,投資信託一本の投資だった.しかし,現在国内の証券会社で購入できる投資信託の種類は限られている.一部の人気商品などは手数料は低いものの,ポピュラーじゃない商品を扱う投資信託を買おうとすると,手数料は高くなる.そのため,ETFを使い始めた.ETFは値動きがあるので,これまで経験していたが,初めて見るととても気軽に購入できる.一度ETFに慣れてしまえば,投資信託流動性の低さに満足できなくなってしまう.

ETFを利用するメリットとして,私が一番感じていることは,金融リテラシーを向上できることである.国内の証券会社であっても,たくさんのETFが用意されている.これらを組み合わせて,資産を分散させる.たくさんの種類のETFを買うと,その一つ一つの値動きに目が行くようになる.これまでは,SP500を通じてしか,世界経済をみることはできなかった.たくさんの種類の値動きをしるということは,世界経済に対するたくさんの窓を獲得することと同義である.

世界はアメリカだけで動いているわけではない.いくらグローバル化の進展で,世界中の株式は連動しているといわれていても,それでもそれぞれの市場はバラバラに動いている.世界を広く見ることは人生を豊かにする.投資を通じて,自分以外の世界に関心を持つことができるのである.