湯どうふ

「2019年度科学技術関係予算案の概要」を読んで

文部科学省のホームページ上で「2019年度科学技術関係予算案の概要」が公表されている[1]。私が関心をもっているのは若手研究者の育成についての予算である。以下、気になったところを挙げる。

若手研究者育成用の予算

注目した点:卓越研究員の予算が前年度と比べて増額された。特別研究員は微減した(16,857百万円⇒15,627百万円)。若手研究者関連で2つの新規の事業が始まるようだ。内容と予算規模は以下の通りである。

・世界で活躍できる研究者戦略育成事業:240百万円

すでにポストを有する若手研究者を海外に派遣するための渡航費、滞在費を支援する枠組みだと思われる。以前に「国際的な活躍が期待できる研究者の育成事業」という極めてよく似た名前の事業があった。これと同じような事業であれば、上に示す内容の通りである。

・国際競争力強化研究員事業:111百万円(542百万円を要求)

報道によると若手研究者を国際研究コミュニティーに参加させるための事業と思われる。[2]

上の2件については今後、詳細な案内がなされるものと思われる。

若手研究者の海外派遣事業

注目した点:海外学振の予算が増額された。一方で、若手研究者海外挑戦プログラムと外国人学振は減額された。

・若手研究者海外挑戦プログラム:321百万円⇒279百万円(42百万円の減少)

平成29年度から始まった事業である。海外で研究経験のない博士後期課程の学生を海外の研究機関で90日~1年の間で派遣するためのグラントである。平成31年度採用分についてはすでに平成30年中に公募が終っていたが、2019年の1月ごろに2回目の公募が決定した。(2回目の公募を行うことから、てっきり予算が増額されたのかと思いきや、減額されていたので驚いた。どういう事情なんだろうか。)

感想

世知辛い。しかし、情報は集めていかないといけない。


どうでもいいこと

今の人は関係ない話であるが、一昔前は、文部省の在外研究員という制度があり、国立大の教員としての給与をもらいながら、在外研究員としての給与ももらえたらしい。

あと、印象に残ったのは高等学校におけるスーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業の予算も若手研究者育成の枠組みで用意されているということである。私の通っていた高校もSSHに選ばれていたので、まだやっているんだと思った。予算は2219百万円(前年度比増減なし)。多いか少ないかは中等教育の専門家ではないので判断できないが、素人としては結構あるなという感想である。


[1] http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2019/01/15/1412641_01.pdf

[2] https://newswitch.jp/p/14183