湯どうふ

国家石油ガス備蓄基地について

日本には独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構が管理する国家石油ガス備蓄基地が全国に5か所存在する。

国家石油備蓄基地は「石油」を備蓄するのに対して、国家石油ガス備蓄基地は「プロパンガス」「ブタンガス」などの液化天然ガスを備蓄している。

わが国の備蓄方式としては、水封式地下岩盤タンク方式と地上低温タンク方式がある。

基本的に実際の操業業務は民間の会社に委託している。1975年に制定された石油備蓄法に基づいて事業が行われている。

定期的に周辺の地域に石油ガスの供給をしているらしい。つまり、石油ガスを一時的に備蓄しておくための施設としての役割があるのだろう。