湯どうふ

特許庁総合職がとても人気らしい

国家公務員総合職のうち、特許庁がとても人気らしい。なぜかというと、知的財産の業務を扱うため、後々転職に有利だからだそうである。

転職先は日本の名だたる大企業らしい。

知的財産は企業の命である。知的財産を取り扱う、特許庁の職員を各企業は喉から手が出るほどほしい?という。人からの又聞きであるが。

企業で知的財産を扱う人も、一般的に転職市場において、つぶしが聞くそうである。知的財産の仕事は、役所が絡むので、業務の内容として、どこも似たりよったりな側面があるのだろう。

正直、就活のときに、知的財産の分野を思いつく人がどれだけいるだろうか?知的財産を思いつく人が、その就活市場で激戦をくぐり抜けて、知的財産職に就くのである。

国家公務員総合職とは、その名の通り、ゼネラリストである。しかし、ここでの特許庁の人気の理由は、特許庁という「専門職」的な側面である。

自分自身のキャリアの自由度を高めようとするとき、専門性を軸としたキャリアの構築が必要であることを含意している。わが国のエリートの中で、脱日本的ゼネラリスト志向、グローバルなスペシャリスト志向へと移行しているのならば、日本の雇用が変わるチャンスであり、個人的にはとても嬉しい。