湯どうふ

スーツ、ブラッシング、エアロゾル

スーツを着たあとにはブラッシングをしなければならない。クリーニングはワンシーズンに一回くらいでよい。あまり、クリーニングに出しすぎると記事が傷むらしい。

スーツをブラッシングすることの意味とは、外出時にスーツに付着したエアロゾルを取り除くことであると思う。

エアロゾルというのは、空気中を漂うチリのようなものである。一般的にエアロゾルが核となって、雨滴が発生する。成分は単一なわけではなく、実に多様である。エアロゾルが水溶性の塩基である場合は、素人考えでも、ずっと服にくっついていたら、服にとって良くないだろうことは容易に想像つく。