湯どうふ

築地・銀座

築地本願寺

築地本願寺日比谷線築地駅とほとんど直結している。きれいなカフェがあったり、いろいろとこれまで知っているお寺とは違う。芸術写真を撮っている人もいた。

中に入ると、ヨーロッパのカトリック教会のように、たくさん椅子があって、自由に座れる。

16時半に船の出航のときのような銅鑼がなる。短い法要があり、これが終わると、仏壇の中央部以外が閉じられる。
f:id:covariance:20190106064320j:image

ライトアップ前
f:id:covariance:20190106064405j:image
ライトアップ後

銀だことすしざんまい

築地銀だこの本店があった。銀だこは日本中にあるが、築地を意識する機会は少ない。ああそういえばという感じである。これは吉野家も同じである。

すしざんまいが50メートル近い行列を作っていた。豊洲の初競りで高値で競ったのだろう。

勝鬨橋

晴海通りを東に行くと隅田川を渡る。こち亀でも有名な勝鬨橋である。長らく開閉していないが、設備は依然として残っている。

勝鬨橋の上から隅田川の上り下りを見やると、遠くに橋が見える。電飾された屋形船が下っていく。

橋を渡ると、江東区である。高層マンションが立ち並ぶ。新興の高級住宅地らしい。しかし、素人考えでは、首都直下地震が起きたときの液状化が心配である。デベロッパー側は長い杭を打つなどの対策を施しているのだろうけれど。

晴海通りに沿って、都バスが頻繁に運行されている。すべての系統が銀座4丁目まで行く。それ以降は、系統によって、四谷駅、東京駅丸の内口、新橋駅へと分かれる。地下鉄では、銀座、東銀座、築地へ乗り換えできる。


f:id:covariance:20190106105737j:image
f:id:covariance:20190106105755j:image
f:id:covariance:20190106105811j:image