湯どうふ

国内宿泊費の未来

外国人観光客の増加によって、国内のホテルの稼働が上がっている。外国人に人気の高い、東京、京都、札幌などでは、ホテルがなかなか取りにくいことも珍しくない。宿泊の需給が逼迫している地域では、ホテルの建設・開業ラッシュがおきている。

そして、数年前と比べて、宿泊費が上がっている。

需要が高まれば、価格が上がるのは市場の理として自然である。しかし、外国人の需要が高まることによって、国内の宿泊費が上がるようであれば、困難するのは日本人である。宿泊費の上昇に合わせて、国内の需要も上がれば、皆が幸せとなるが、そのような見通しは描けるのか?