湯どうふ

「ヒロエトオルのテレビ解説」がおもしろい

最近、ユーチューブで「ヒロエトオルのテレビ解説」をみている。もともと、テレビはとても好きで、テレビ番組を真剣に見るたちだったので、動画をおもしろくみている。

でも、今はそもそも家に受像機がない。家ではワンセグの電波を受信できないので、まったくテレビを見れる環境にない。それでも、テレビには関心があるので、「解説」を見る生活に移行した。結果から言うと、「解説」を見て、それなりに満足してしまう自分がいる。むかし、映画を解説するテレビ番組があった(ラジオでも大阪ではMBSの「ありがとう浜村淳です」、東京ではTBSの「たまむすび」で映画の解説をしている)。映画の解説を聴いたら、それだけで映画を見たような気がしたものだが、テレビについても同じような効果が得られる。

特におもしろかったのは、「王様のブランチ」と「人生の楽園」の回である。人生の楽園は別として、王様のブランチはすべての時間を真剣に見ることは不可能である。真剣じゃなくてもきついものがある。しかし、制作者が代わりに見てくれて、大事なところを1分少々でまとめてくれるので、大変ありがたいと思う。