湯どうふ

若いうちにリスクに慣れること

若いうちにリスクに慣れることはとても大事だと思う。リスクに慣れるということは、自分の身に降りかかるリスクを正しく認識できるということである。リスクを認識できれば、リスクを回避する生き方ができるし、そのための戦略を考えることができる。

かつては順風満帆型の人間が多かったと思う。大企業あるいは公務員になれれば、失業するリスクがないので、自らの成長をすべて所属する組織に任せることが可能となる。