湯どうふ

伊豆箱根鉄道大雄山線に乗る

先日、伊豆箱根鉄道大雄山線に乗った。乗るまで知らなかったが、神奈川・静岡ローカルでは、大雄山のお寺にお参りするのが一つの定番らしい。関東の人間ではないので、どういう鉄道なのか、皆目見当がつかない状態での乗車であった。

ローカル線だと思っていたが、思っていた以上に人が乗っていた。私は正午あたりに乗ったのだが、特に上りの利用が多かった。小田原近辺はまだ鉄道の利便性が高い地域なので、これほどの利用客がいるのだろうと思った。

小田原に向かう東海道線の車窓から185系の踊り子を見た。気が付いたら、国鉄型を見る機会はほとんどなくなり、かつては何の気にも留めなかった185系が今や輝いて見える。185系にはまだ乗ったことがないので、早急に乗らなければと思った。