湯どうふ

Rによる操作変数法・2段階最小二乗法

一般に重回帰分析を行うとき、説明変数は外生的に与えられる。しかし、ある説明変数がそのほかの外生変数によって、内生的に与えられるとき、操作変数法または、これと等価である2段階最小二乗法を用いる。

 

 

 \bf y=X\beta^T