湯どうふ

雑記

海外で博士課程をしている人と話をして思ったこと

筆者には幸いなことに、海外で博士課程をしている先輩がいる。この前、久しぶりにお会いして話をさせてもらったときに、思ったことを述べる。 身の回りの多様性 まず感じたことは視野が広い。日常的に多様な専門の博士課程学生とコミュニケーションする機会…

"三代目江戸家猫八 - 兵隊ぐらし" を YouTube で見る

三代目江戸家猫八 - 兵隊ぐらし - YouTube 時代の悲しみをユーモアで残す。 兵隊ぐらしの理不尽、暴力、辛さを芸によって、おかしみに昇華させる。 終わりも美しい。これぞ芸。 これの聴衆もまた素晴らしい。この聴衆あってのこの芸である。よい芸に向き合う…

2019年恵方巻きの反省

恵方巻きは美味しい。でも、ただただ長い。買うときは欲張って、標準サイズを買ってしまうが、ハーフでいい。途中で腹いっぱいになるし、味に飽きてしまうから。 恵方巻きはいいけど長さはホドホドにして、なんか他のものも食べよう。ご飯だけで、腹いっぱい…

行政標語は楽しい

行政標語が好きである。行政標語とは、行政機関が国民・市民に政策意図をひろめたいときに掲げる標語のことである。身近なところでいえば、 「この社会 あなたの税が 生きている」(by 国税庁) 特に、税の標語が有名である。小学校の時に、税にまつわる習字…

国家石油ガス備蓄基地について

日本には独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構が管理する国家石油ガス備蓄基地が全国に5か所存在する。 茨城県神栖市 石川県七尾市 岡山県倉敷市 愛媛県今治市 長崎県松浦市 国家石油備蓄基地は「石油」を備蓄するのに対して、国家石油ガス備蓄基地…

ドイツのヨーデル

ヨーデルはドイツの民族音楽である。Franzl LangやTakeo Ishiのように、国民的な人気歌手がいて、彼らが歌うと場がとても盛り上がる。日本には、ヨーデルに相当する、国民的な人気が今日まで持続する民族音楽がないので、すごいなと思いながらも、いまいちピ…

国際線の搭乗証明書、遅延証明書

飛行機に乗るとき、事故があると、搭乗証明書、遅延証明書が必要になる。 必要となるのは、会社から求められるとき、そして、海外旅行保険の請求をするときである。これまでに、国際線で証明書を請求したときの体験を記録する。なお、国内線であっても、国際…

みうらじゅんさんに勇気づけられる話

みうらじゅんさんが好きで、YouTubeでほぼ日の動画をたまに見たりしている。いやげものてんに行ったり、ない仕事の作り方を読んだりしてやっぱり面白いなと思う。 「ない仕事」の作り方 (文春文庫) 作者: みうらじゅん 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 20…

第一種奨学金(修士)を支払い免除したい人へ

今年も日本学生支援機構の第一種奨学金(無利子)の免除手続きの季節がやってきた。 奨学金を借りている間、研究などを頑張ると、第一種奨学金は免除あるいは部分免除にすることができる。 では、何を頑張るかというと論文を書くということである。大学院か…

お受験と差別

若い人の間で、差別的・侮蔑的な言葉がまかり通ることに、強烈な違和感を覚える。一般的に、差別されたり、侮辱されたりするのは、社会的に弱い立場にいる人、あるいはマイノリティーである。 今までの人生の中で、そのような人たちと友だちになった経験はな…

『お客様は神様です』を考える

今や「お客様は神様です」の言葉は日本社会の隅々まで浸透している。良くも悪くも。 「お客様は神様です」は三波春夫の言葉として広く知られている。この言葉は仕事の文脈、特にサービス業の中で使われることが多い。お客様には神様と思って接しなさいという…

炉辺談話をしてみたい

炉辺談話をしてみたい。でも、私の家には暖炉がない。 炉辺談話といえば、戦前のアメリカのルーズベルト大統領がアメリカ国民に対してラジオで語りかけた番組が有名である。でも、私は大衆に向かって一つ演説ぶりたいのではなく、ただ、火が爆ぜる様子をみな…

スーツ、ブラッシング、エアロゾル

スーツを着たあとにはブラッシングをしなければならない。クリーニングはワンシーズンに一回くらいでよい。あまり、クリーニングに出しすぎると記事が傷むらしい。 スーツをブラッシングすることの意味とは、外出時にスーツに付着したエアロゾルを取り除くこ…

ものわかりが遅い人

世の中には物分りの早い人、遅い人がいる。このどちらが立派かという単純な話をするのではない。 物分りの早い人は処理能力が高い。日本では、大学入試、就活が主な競争の場であるが、処理能力が高ければ大概はなんとかなる。平均的に、社会的に成功しやすい…

2018年の訪日外客数を予想

2018年の訪日外客数を31,200,700人と予想する。1〜11月までが、28,560,100人、12月の訪日外客数を10月と同じ2,640,600人と見積もった。 【追記:2019年1月11日】 NHKの報道によると、3119万人と速報で推計されたとのこと。だいたい合っていたので、驚きとい…

背もたれに背中をつけるかどうか

椅子の背もたれに背中をつけると、服の背中部分にシワがつく。なので、昔の帝国軍人は背もたれに背中をつけなかったという話を聞いたことがある。自己を律しているというか、根性がすごいというか。現代人である私には到底真似できないし、全人類が帝国軍人…

口唇ヘルペスかと思ったらすぐ皮膚科に

風邪をひいたり、疲れたりすると、口唇ヘルペスになる人がいる。口唇ヘルペスは完治しないものなので、ある意味、一生付き合う必要がある。また、感染力も強いので、発症した場合、他人に迷惑が掛からないようにしなければならない。 口唇ヘルペスに何度もな…

「ヒロエトオルのテレビ解説」がおもしろい

最近、ユーチューブで「ヒロエトオルのテレビ解説」をみている。もともと、テレビはとても好きで、テレビ番組を真剣に見るたちだったので、動画をおもしろくみている。 でも、今はそもそも家に受像機がない。家ではワンセグの電波を受信できないので、まった…

街中の免許状

先日、病院の帰りに、調剤薬局で薬をもらうために待っていたとき、薬局の奥に額縁された「薬剤師免許」がみえた。その免許状には、「厚生大臣 小泉純一郎」と書かれていた。私は世代的に小泉純一郎といえば、総理大臣であった時のことしか知らない。大臣署名…

若手研究者海外挑戦プログラム

若手研究者海外挑戦プログラムとは、博士課程学生が海外で90日以上、1年未満の研究活動を行うための、資金援助をするプログラムである。 申請 申請方法自体は簡単なようで、面倒である。一番のハードルは、海外の受け入れ研究者に学術振興会のシステム上で操…

「日本通運公式チャンネル」

Youtubeにある「日本通運公式チャンネル」が面白い。日本通運の事業について、簡潔に理解できる動画が集まっている。その中でも、特に「物流アーカイブス」という動画のまとめがとても面白い。 「物流アーカイブス」では、戦後から高度経済成長期ごろに撮影…

ズームイン朝のオープニングの緊張感

今年の24時間テレビで、日本テレビの歴代の朝番組の司会者が横並びであいさつしていた(徳光、福留、福澤、羽鳥、桝の5氏)。年をとるといわゆる「昔がよかった」状態になるので、自らのバイアスを戒めなければならないのだが、それでもかつてのズームイン朝…

ベナール・セル

最近、ベナール・セルという現象の存在を知った。自然現象において発生した例の画像がネットにたくさんあるので、結構すごくて驚く。この現象の背景については、まだよく理解していない。 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%8…

『Cloud LaTex』が便利

今まで、長年ワードを使って、文章を作成してきましたが、ワードのデメリット(私にとっての)に堪忍袋の緒が切れたので、とうとうLaTexへの移行を決心しました。 かといって、今までワードしか使ってこなかった私は路頭に迷います。そこで、救いの手を差し…

YouTubeの『Now This World』が面白い

YouTubeによって、ネイティブによる英語を家でもどこでもほぼ、無限に聞くことができます。本屋で英語のCDがついたテキストを買ったりしていた時代が懐かしいです。 英語学習にきわめて有用なYouTubeのチャンネルも無数にあります。その中でも、『Now This W…